2012年3月5日月曜日

安らかに


先ず、タイトルを見てドキッとされた方へ。どうぞご心配なさらずに。ルピコナは元気です。


一昨日、両親の愛犬ラッキーが亡くなりました。享年16歳でした。

16年前、ラッキーが両親の元に来た時、私は既に香港に住んでいました。


一時帰国してラッキーに会う度、「ラッキー、いつも父と母の側にいてくれてありがとう」「ラッキー、私がいない間、父と母をよろしく頼むわね」と話しかけていました。

海外に住む私が両親の側にいられない分、ラッキーに両親のことを托する気持があったからです。

ラッキーが母の腕の中で息を引き取ったのは、私が日本に引越して来る前日でした。

偶然かもしれませんが、私には、ラッキーが「ボク、ゆみちゃんが帰って来るまでがんばったよ。ボク、ゆみちゃんとの約束守ったよね?明日からはゆみちゃんがパパとママの近くにいてあげてね」と言っているように思えてなりません。


ラッキー、長い間私のお願いをきいてくれて本当にどうもありがとう。よくがんばったね。ラッキーが渡してくれたバトン、ちゃんと受け取りました。どうかどうか安らかに。


まだ落ち着かず、頂いたメッセージへのお返事が大変遅れています。ごめんなさい!もう少しお時間をくださいませ。

English