2011年11月19日土曜日

テス


保護犬の散歩に行きました。


スコットが連れているのは保護犬のテス。極度のビビリで譲渡が難しいと言われている犬です。とにかく怖がりで、知らない人を見るとパニックになってしまいます。引っ張りが強くてリードでうまく歩けません。


スコットがテスとリードで歩く練習を始めました。ルピコナが見ています。


「るぴたん、たしけて」


「こなっち、こわいよ」なかなかまっすぐ歩かないテス。


尻尾を足の間に巻き込んでいます。


怖がる必要はないとテスに伝わるように、根気よく歩き続けるスコット。じっと見守っているルピタ。


少しすると、巻き込んでいた尻尾の先が外側に出てきました。


リードをたるませたままスコットの歩調に合わせて歩いています。


ちょっとの練習で、だいぶ落ち着いていい感じに歩けるようになりました。

犬も人もストレスのない楽しい散歩ができるようになるといいと思っています。

English