2011年11月6日日曜日

無力感

写真の一番左上に写っている茶色と白のスプリンガースパニエルは保護犬のジャック。

保護されるまで、飼い主に虐待され狭い部屋に閉じ込められていて散歩したこともありませんでした。


落ち着いていて人なつっこいジャック。幸せになることを願っていたのに・・・

トライアル中に里親さんを噛み、明日朝安楽死させられることになったというのです。


噛んだ事実より、噛んだ理由を考えてあげてほしい。ジャックは死ぬ必要がない犬だと思うから。私が一時預かりしてリハビリできればジャックの命を救える・・・。何度も何度も何度も何度も考えたけど、ルピタとコナでいっぱいいっぱいの今の私には、3匹の問題行動犬をハンドルする自信がない。助けたいのに何もできない。無力感でいっぱいです。

せめて、保護されてからのこの1カ月半、私たちとの散歩で少しでも楽しい思いをしてくれていたのならいいなと思います。

ごめんね、ジャック。

English