2010年11月3日水曜日

ルピタ in 動物病院

今日ルピタは動物病院で検査を受けました。結果は明日わかります。

この写真は家に帰ってから撮りました。腕まくらで眠っています。


ルピタは動物病院が大の苦手でいつも暴れてしまいます。前回は、大暴れするルピタを3人掛かりで押さえてやっと検査が受けられました。甲状腺の病気になり、ルピタはこれから一生定期的に検査を受けなければなりません。毎回の検査がこんなにストレスになると思うと気が重くなりました。

そんな時、MASUMIさんのメールセッション仲間、あしたも天気♪柴犬里親日記の桃さんが、MASUMIさん直伝の動物病院での犬のコントロールの仕方と心得をアドバイスして下さいました。

それは、大きな声も力も必要のない、犬の心理を理解したやり方です。今日はその方法を試してみました。

今日の動物病院でのルピタ。診察台の上で、スリップリードをピンと引いてお座りさせました。こうすると犬は頭が動かしにくくなります。体は押さえつけませんでした。するとルピタは、暴れようとせず耳をペタンと寝かせてサブミッシブな状態で神妙にしていました。獣医さんがルピタの前足から血液を採取している間、小さく鼻をピーピーと鳴らしましたが、動かずじっと我慢ができました。

よくやったね、ルピタ!!!

今まで診察室でルピタと大格闘していたことが嘘のようです。無事悩み解決。MASUMIさんに改めて感謝、MASUMIさんの教えを伝授して下さった桃さんに感謝感謝です。ルピタと私たちにとってとても良い日になりました。どうもありがとう!

English