2010年7月9日金曜日

ルピタの爪切り


ルピタは爪切りが嫌いです。

痛い思いをしたことはないのに、爪を切ろうとすると全力で抵抗し、それでも押さえて切ろうとすると牙を剥く犬でした。

飼い主として自分の犬の爪くらい自分で切れるようになりたい。

1年程前、最初から切ろうとしないで、先ずルピタの爪に爪切りを当てる練習から始めてみました。でも、この試みはうまくいきませんでした。手で爪を触っても大丈夫なのに、爪切りを近づけると咬みつこうとすることが続き、爪切りを爪に当てることさえできないまま私はルピタの爪切りを諦めてしまいました。

爪を切るときは、スコットと二人がかりで嫌がるルピタを押さえつけて切っていました。

最近肉球ケアをするようになり、肉球マッサージをしてあげるとルピタはウトウトするようになりました。もしかしたら?と思い、試しに爪切りを爪に近づけてみました。



ルピタは爪切りの匂いをちょっと嗅いで、何もなかったように再び横になりました。



今度はその爪切りをルピタの爪に当ててみました。逃げようとしません。次に爪を切るような動作をしてみました。動きません。そこで爪の先をほんの少しだけ切ってみました。パチン!なんと、気にせずまだ寝ています!



本当に嬉しいびっくり!私が一人でルピタの爪を切れる日が来るなんて!

MASUMIさんのメールセッションから10カ月。今でも毎日の生活の中でMASUMIさんに教えて頂いたことを心がけて暮らしています。今回のこの爪切り体験のように、まだルピタに新しい変化が見られることが嬉しいです。日々の小さな積み重ねでルピタが私たちにもっと身をゆだねてくれるようになったと感じられるから。

English